HOME  > コンテンツ  > 交通事故  > 交通事故の被害者になったら

交通事故の被害者になったら

交通事故は、ある日突然起こります

起こそうと思って事故を起こす人はいませんし、事故に遭いたくて遭う人もいません。それだけに、交通事故の被害者になるということは、いつでも・誰にでも起こりうることです。しかし、通常その心構えをもって生活している人などおりません。みな、事故に遭ってはじめて大変なことに巻き込まれたと気付くのです。

交通事故の被害者は、加害者の加入している保険会社を相手に交渉することになります

交通事故の加害者は、一般的に自賠責保険と任意保険に加入しており、被害者に支払うべき損害賠償について保険を利用できます。もっとも、多くの場合、被害者は、加害者と直接やりとりするのではなく、加害者の加入している保険会社を相手として損害賠償の交渉をすることになります(保険会社による示談代行制度)。

保険会社から納得しがたい提案をされることがあります

交通事故の被害に遭えば、治療費や入院費がかかったり、休業や後遺症によって収入が減少したり、精神的に大きな苦痛を覚えたり、車の修理代や買換費用が必要になったりなどの様々な損害に悩まされることになります。被害者としては、できるだけ高額の損害賠償を得たいところですが、交渉相手の保険会社も彼らなりの基準を主張して、できるだけ支払額を抑えようとします。しかも、保険会社の社員は、毎日交通事故の処理だけを行っているプロですので、一般の方では太刀打ちできません。そこで、保険会社から納得しがたい提案を受けた場合は、被害者の方もプロである弁護士に依頼した方が良いでしょう。

お問い合わせ

TEL:042-505-5366(平日9:30から21:00)
Mail・FAX:(24時間受付)
プリンタ用画面
前
交通事故
カテゴリートップ
交通事故
次
弁護士に依頼するメリット

menu

くにたち法律事務所|交通事故 医療過誤 相続 離婚 勾留 逮捕 多重債務 借金 過払い金請求他

東京都(東京) 国立市 府中市 立川市 国分寺市 多摩 山梨県八王子市 小金井市 昭島市 上野原市 大月市エリア

Copyright © 2009 くにたち法律事務所. All Rights Reserved.