HOME  > コンテンツ  > 交通事故  > 弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

交渉の煩わしさから逃れられる

一般の方にとって、紛争解決のための交渉は、ただでさえ気が乗らないものです。しかも、交通事故について精通している保険会社の社員を相手に損害賠償の交渉をするとなれば、こちらの言い分は受け入れられずに、相手方の主張ばかり押しつけられかねないわけですから、なおさら憂鬱になることでしょう。その上、損害賠償交渉ばかりにかかわってはいられません。仕事や育児などしなければならないことは他にも山積みなはずです。

そのような場合、弁護士に依頼をすれば、保険会社と直接交渉することはなくなりますので、それだけで心の重荷をだいぶ降ろすことができます。

賠償の基準があがる

保険会社は、一般の方を相手にする場合の基準と弁護士を相手にする場合の基準を使い分けています。すなわち、保険会社は、独自の基準を持っており、そこから交渉をスタートさせるため、一般の方との交渉は保険会社の基準を軸に行われることになります。ところが、弁護士には弁護士独自の基準があり、その基準もこれまでの歴史の中で一定の正当性が認められたものとなっていますので、弁護士が介入すると交渉の軸が上方にシフトするのです。

また、後遺障害の等級認定に対する異議申立てについても、弁護士に依頼した方がスムーズに進みます。

したがって、弁護士に依頼をすれば、より多くの損害賠償を請求できる場合は少なくありません。

先を見通した戦略を立てることができる

交通事故に関する紛争を解決するためには、(1)保険会社との任意の交渉によって示談(和解)をする、(2)任意の示談をせずに訴訟を提起した上で、途中で和解をする、(3)訴訟を起こした上で、途中で和解せずに判決をもらうという方法があります。

解決までのスピードは(1)で終われば早く済み、(3)まで進めば遅くなります。他方で、各方法によって得る金額は、ケースバイケースです。(3)まで進めば自動的に高額になるわけではありません。そのため、時間・労力・結果を総合的に考慮して、(1)から(3)のどの段階で解決をはかるべきかは、まさに専門家の判断が必要な部分となるのです。

お問い合わせ

TEL:042-505-5366(平日9:30から21:00)
Mail・FAX:(24時間受付)
プリンタ用画面
前
交通事故の被害者になったら
カテゴリートップ
交通事故
次
交通事故被害用語集

menu

くにたち法律事務所|交通事故 医療過誤 相続 離婚 勾留 逮捕 多重債務 借金 過払い金請求他

東京都(東京) 国立市 府中市 立川市 国分寺市 多摩 山梨県八王子市 小金井市 昭島市 上野原市 大月市エリア

Copyright © 2009 くにたち法律事務所. All Rights Reserved.